ノースフェイス スクープジャケットの洗濯・手入れ方法

私はノースフェイスのスクープジャケットを長らく愛用していますが、初の手入れになります。

今年で5年目になりますがタウンユースでは撥水性能に変化はありません。

しかし胸元にシミができてしまったので、洗濯をすることにしました。

 

 洗濯・手入れの手順

 

まずは洗濯表示の確認をします。

注意する項目は

・湯温は40℃を限度とし、手洗いができる

・乾燥機の使用禁止

・絞り禁止

・日陰濡れつり干しが良い

でしょうかね。

使用する洗剤と撥水剤はNIKWAX(ニクワックス)にしました。

理由はネットで見ても評判がよく、使いやすそうだったからです。(最初は普通の洗濯洗剤と防水スプレーで済まそうとしてました)

 

手洗い方法 

今回はそれほどひどい汚れはないので問題はないですが、洗濯機よりは汚れが落ちにくいです。

そのためバケツに40℃ほどのお湯を入れて、洗剤(緑色)をキャップ1杯入れます。

その中にウエアを入れてしっかりと浸けます。

汚れが落ちるように軽く揉みながら汚れを落とします。(強くゴシゴシすると素材が傷んでしまいます)

そのまま10分程放置をしたのち、再度軽く揉んで汚れをしっかりと落とします。

 

洗い終わったらバケツのお湯が透明になるまでしっかりと洗剤を落としていきます。

しっかりと洗剤を落とさないと防水処理に影響が出るので気を付けましょう。

 

しっかりとすすぎ終わったら脱水をしますが、絞り禁止なので手で押すようにして水気を取ります。

この脱水作業がかなり大変でした。

 

防水処理

 

手洗い同様にバケツに40℃ほどのお湯入れたら防水剤(青色)をキャップ1杯入れます。

この中にウエアを入れてしっかりと浸けます。

防水剤がしっかりと行き届くように適度にかき混ぜて、10分程浸けます。

(防水に関しては防水スプレーでもいいみたいです)

 

10分経ったら先ほど同様にお湯が透明になるまですすぎます。

すすぎ終わったら手で押しながら水気を取っていきます。

 

乾燥方法

 

乾燥に関しては特別難しいことはありません。

通常の洗濯物と一緒でベランダ等に干すだけです。

 

私のは陰干しと書いてあるのでしっかりと表示を確認してください。

 

 まとめ

 

私の場合ですが近場にNIKWAXが売っていなかったのですが、通販で気軽に手にいれることができます。

洗剤や防水剤はちょっと特別ですが、手順は難しいことはないので簡単だと思います。

最初は防水性能が悪くならないか心配でしたが、全くそんなことはなかったです。

 

スクープジャケットだけではなくマウンテンパーカー全般がこの方法での手入れ可能です。

ぜひ皆さんも試してみてください。